トップページ

正田守さんの運勢

●総合的な運勢
たとえ困難があっても、かえってそれをチャンスに変えて切り開いていける強運の持ち主です。抜群の判断力と実力が加わって、必ず人の上に立って成功するでしょう。独立志向のタイプで、組織の中の一員になるのを嫌うという特徴があります。

●仕事の運勢
社会的にリーダーになる運勢で、孤立する人が多い傾向にあります。責任感があり、目上の引き立てもあって、小さなチャンスから飛躍、成功することでしょう。

●社交運
誠実で情が深く、親切な人柄が内側からにじみ出ているので、見るからに印象の良い人です。そのため、人が集まってきて、良い人脈ができるので、運勢をさらに強いものにするでしょう。

●性格
情が深く、正直で笑顔を絶やさず、真面目に熱心に物事を対処するので、まわりからの人気は上々です。目上の引き立てもあって、確実に前進し、地位や財産を築くことでしょう。

●人間関係
誠実な明るさで、まわりの雰囲気を新鮮にする力をもっています。温かくて良い家庭環境に育ち、仕事も家庭も順調で幸せな人生をおくることでしょう。

●ラッキーポイント
画数
74.4点
画数のラッキー度は大変高いです。
生まれながらの幸運度が高くなります。

バランス
57.75点
名前のバランスが良く災難を克服しやすい運勢です。
また、幸運に恵まれやすいでしょう。

天格(祖運)は10画で『凶』

『多難 大凶』

天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。

人格(主運)は11画で『吉』

『幸運 富 地位』
もの静かに成長していく人
少しずつでも着実に実力をつけ、最後には成功をつかむことが出来るでしょう。
強い意志を持ち着実に発展して富と名声を得ます。傾きかかった物事を立て直す才能も。

人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。

地格(初運)は6画で『大吉』

『信頼 誠実 努力』
周囲を幸せに出来る人
何不自由のない幼少期を送ります。恋人や友人と深い心の結びつきを得ます。
家庭環境に恵まれます。若いうちから、何らかの分野で頭角を現すようになりそう。

地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。

外格(助運)は11画で『吉』

『幸運 富 地位』
もの静かに成長していく人
積極的な働きかけによって、人脈が広まり、それだけチャンスも多く訪れます。
人間関係を大事にするので、多くの友人知人に恵まれます。援助も期待出来ます。

外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。

総格(総運)は16画で『大吉』

『人望 逆転成功 大成』
大器で幸せをつかむ人
努力すればするほど、結果にあらわれます。晩年も豊で恵まれたものになるでしょう。
家庭も円満で安定した後半生です。人望が厚く、実力もあり、リーダーとして活躍します。

総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。

三才配置は『水⇒木⇒土』で『大吉』

手堅いけれど、幸せな人生。
親の願いを素直に受け止め、絵にかいたような模範的な人生を歩みます。他人をうらやむことなく、毎日を謙虚に生きて、晩年も安泰です。

人格が「木」の人は、「一本気で正直な人」です。
地格が「土」の人は、「真面目かロマンチスト」です。
天格が「水」の人は、「行動的なタイプの人」です。

陰陽配列は「陽陽陰」

陰陽配列は「良い配列」です。

  • 最終更新:2017-03-21 09:39:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード